東京都練馬区の音楽家のための鍼灸とアレクサンダー・テクニーク

この夏のできごと(その2)

" 雑記 "

2020年8月20日

先日、羽化したものの羽が折れたまま広がってしまったアゲハの成虫。

 

鉢植えの木の根元で力つきていました。

 

一方、前回のブログでサナギだったアゲハはといえば、、

 

その後数日して羽の模様が透けて見えるほどになりましたが、、

 

育ち切れなかったのか、羽化しても羽が小さいままでした。

 

よく見るとお腹はまだサナギの皮に入ったまま。

 

時々もがくように動きますががうまく出られません。

 

この状態で1日以上たっているので、この個体が助かることはないように思います。

 

もともとこの子は生まれたのが遅かったらしくエサがすでに少なかったため、幼虫として成長し切る前にサナギになることを選びました。

 

先に生まれて思う存分エサを食べることのできた大きな幼虫たちは移動力もはんぱなく、プランターの縁を越えて脱走しています。

 

きっと脱走した先でサナギになることを試みたはずです。

 

プランターに残った幼虫のうち、この子だけが成長の代わりにサナギになることで生き残りをかけました。

 

残りはみなエサの不足とともに動けなくなりひからびていきました。

 

ここまで来ての羽化失敗は残念ですが、これが虫の世界なのでしょう。

 

アゲハの仲間は卵から成虫になって飛べるのはわずか0.6%だそうです。

 

まぐれや偶然みたいな運をつかんだりつかみ損なったり。

 

きれいな蝶を見られてめでたしめでたしにはなりませんでしたが、いろいろ考えさせられる結末でした。

この記事を書いた人

2016年、東京練馬区の江古田にてbodytune鍼灸マッサージ院を開業。

鍼灸師、マッサージ師。アレクサンダー・テクニーク教師。

 

カテゴリー: 雑記.
  • ブログトップ
    ブログ

    院長ブログ
    江古田ハリ使いの弟子

  • ブログカレンダー
    2020年12月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • 最近の投稿
Twitter